弘法大師(空海)

弘法大師(空海)について

青龍寺の弘法大師像

四国遍路(四国霊場めぐり)は、弘法大師ゆかりの聖地を訪ねる旅でもあります。

弘法大師(空海)は、どのような一生だったのでしょうか。

弘法大師(空海 774~835年)は平安時代初期の高僧で、真言宗の開祖として知られています。



弘法大師(空海)は、774年(宝亀5年)、香川県多度津郡屏風浦(現在の善通寺市)に生まれました。

5、6歳のころ、八葉の蓮華の中に坐り諸仏と語る夢をしばしば見たといいます。

15才で京に出て勉学に励みましたが、一人の出家者との出会いから、生地である四国の山や海辺に修行を求め、厳しい修行をしたといいます。
徳島県の第21番・太龍寺があるところの岩山で百日修行をした後、高知・室戸岬の洞窟で修行後に神秘体験をし、洞窟の中からみた外の風景(空と海)から後に名を「空海」と改めたといいます。

804年(延暦23年)、31歳の時に、遣唐使として唐に渡り、長安の青龍寺にて、密教の第一人者であった恵果(けいか)からその極意をすべて学んで2年後に帰国しました。

大窪寺の弘法大師像

帰国後は京の都に入り、嵯峨天皇の庇護の下、真言密教を人々に広めました。
また、故郷讃岐から要請を受け、唐から持ち帰った科学技術を駆使し、満濃池(まんのういけ)の工事を完成させました。

ちなみに、この満濃池は日本最大の農業用溜池で、近くには、国営讃岐まんのう公園があります。

その後は修禅の道場として高野山を下賜されたいと朝廷に願い出て、京都の東寺と高野山の間を往復しながら活動を続けました。

そして835年(承和2年)、62歳のとき「56億7000年後に弥勒菩薩とともによみがえる」と弟子たちに言い残して、永遠の禅定に入ったと伝えられています。

空海は宗教家としてのみならず、書家、芸術家、科学者、哲学者など万能の才に秀でた天才だったようです。

弘法大師像

四国の各霊場には必ずといっていいほど(たぶん全部だったと思うが)、弘法大師の像があります。

四国遍路の基礎知識
サブコンテンツ

Sponsored Link

このページの先頭へ


track feed 四国遍路へのいざない