合掌の仕方、読経の順序

合掌の仕方

合掌

遍路での合掌の仕方は定式ではありませんが、真言宗の礼法に倣い「金剛合掌」が基本です。

図のように右手が上(手前)になるようにして指と指を先端で組みます。


読経の順序

お参り

1.合掌礼拝(がっしょうらいはい)
持鈴二音の後、胸の前で合掌し二礼しながら「うやうやしく御仏を礼拝たてまつる」と唱えます。

2.開経偈(かいぎょうげ) 一辺 持鈴一音

3.般若心経(はんにゃしんきょう) 一辺 持鈴一音

4.御本尊真言(ごほんぞんしんごん) 三辺 持鈴一音

5.光明真言(こうみょうしんごん) 三辺 持鈴一音

6.御宝号(ごほうごう) 三辺 持鈴一音

7.回向文(えこうもん) 一辺 持鈴一音

8.合掌一礼(がっしょういちれい)

経本

これらは定式ではなく自由な形で行われますが、般若心経、御宝号だけは欠かさないようにします。

また本堂についで大師堂でも4.を除き読経を繰り返すようにします。

四国遍路/実践編
サブコンテンツ

Sponsored Link

このページの先頭へ


track feed 四国遍路へのいざない