わたしの場合

わたしのお遍路、きっかけ、スタイル

道後温泉と松山城

わたしの四国遍路・・・・
きっかけは、松山に引っ越してきたからです。あぁ、単純!!。

引っ越して来た当初、松山の街を知るため車で、あちらこちらをまわっていました。

あるとき、第48番「西林寺」という看板が目に付いたので、そこの駐車場に車を入れました。
その時は、ちょうどお昼どきであり、ワンボックスカーの横で白衣を着たお遍路さんが二人で美味しそうに弁当を食べていました。

まぁ、これがきっかけです・・・・。
なんということでしょうか!

そのとき、そうだ、四国遍路をしよう!
四国遍路をすれば、四国一周ができる。

四国遍路のお寺の周辺や、移動途中で観光しながら四国を楽しもうと考えました。(動機が不純ですね)

さっそく、四国遍路のガイドブックを買い、形からはいるわたしは遍路グッズを少し揃え、遍路に出掛けることにしました。

最初に揃えたグッズは、白衣、金剛杖、納経帳、頭陀袋、納札、経本です。

岩屋寺

お賽銭として小銭をもって最初は、松山に近いところからと思って、まずは第45番「岩屋寺」に出かけました。

ところがこれが、なんと長い長い石段が続くではないですか。
息をハァーハァー切らしながら約20分、岩の中に溶け込んだようなお寺に着きました。

こんなお寺ばかりだったらどうしよう。
最後まで続くかなと思いました。

大宝寺

この岩屋寺からの帰り道、第44番「大宝寺」に寄りました。
ここは鬱蒼とした杉とヒノキがみごとな参道でした。
わたしのイメージしていたお寺らしいお寺でした。

これなら、続けられるかな、とここで決心しました。四国遍路を始めることを。

これが、わたしの四国遍路の出発点です。

現在、愛媛県松山市に住んでいますので、基本的には日帰りで巡っています。
気が向いた時に出掛け、お寺とその周辺を観光しながら、ゆっくりとまわっています。

遠いところ(高知方面)は、一泊の時もあります。
このときは、その土地のおいしいお酒と食事を楽しみに出かけます。

経本は買いましたが、お経は上げていません。最初の頃は、時々、経本を見ながら上げていましたが・・・・・・。

団体さんと一緒になった時は、後ろの方で経本を見ながらまねしています。
先達さんが鈴を鳴らしながらリズミカルに読経しているのを聞きまがら、一緒にあげています。

一日にひとつのお寺の時も、4~5ヶ所廻る時もあります。
移動途中、看板(おいしそうな看板、観光案内の看板など)につられて、予定外のところへ行ったりすることもあります。

こんな感じで、お遍路を続けています。

わたしのお遍路スタイル

四国遍路/実践編
サブコンテンツ

Sponsored Link

このページの先頭へ


track feed 四国遍路へのいざない