第57番 栄福寺(えいふくじ)

第57番・栄福寺の概要

栄福寺・お願い地蔵尊

栄福寺は、嵯峨天皇(在位809~823年)の勅願により弘法大師が開基しました。
このころ瀬戸内海では海難事故が多く、弘法大師が府頭山の頂で海神供養の護摩を修していると、満願の日に海は穏やかになり、海中から阿弥陀如来が現れたといいます。



弘法大師はこの尊像を奉拝して、府頭山に登り寺を建て安置し、四国霊場としました。

その後、貞観元年(859年)、行教上人が男山八幡宮創建のために宇佐へ向かう途中、海が荒れてこの地に漂流してしまいました。
そして府頭山を見ると、いかにも男山に似ていて、阿弥陀如来は八幡大菩薩の本地仏でもあるため、そこに縁を感じて山頂に登り祈願したところ、霊のお告げがありました。
それで寺の境内に社殿を建て、神仏習合の寺となり、勝岡八幡宮としました。

栄福寺・本堂

しかし、慶応4年(1868年)3月の神仏分離令により、寺だけが現在地に移されました。

栄福寺には寛政12年(1800年)に九州からやって来た遍路が納めた古い納経帳が残っています。
これによると当時の遍路は3ヶ月かかって、八十八ヶ所を廻っていたことがわかります。

本堂横に置かれている木製の車と松葉杖は、明治8年(1933年)に遍路で訪れた少年が、ここで歩けるようになり、持っていた車と松葉杖を奉納したものです。
わたしは、ここで足腰健康守のお守りを買いました。

栄福寺は山の中腹にある静かなお寺です。

栄福寺・石仏

第57番 府頭山 栄福寺(ふとうざん・えいふくじ)

愛媛県越智郡(現、今治市)玉川町八幡甲200
JR予讃線今治駅から約4km
西瀬戸自動車道(しまなみ海道)・今治ICから国道196号、国道317号を玉川町方面へ。約10分。
御詠歌 この世には弓矢を守る八幡なり 来世は人を救う弥陀仏
本尊/阿弥陀如来 宗派/高野山真言宗 開基/弘法大師 宿坊/なし
次の第58番札所・仙遊寺まで約3.5km

伊予の国・愛媛の霊場
第40番・観自在寺 第41番・龍光寺 第42番・佛木寺 第43番・明石寺
第44番・大宝寺 第45番・岩屋寺 第46番・浄瑠璃寺 第47番・八坂寺
第48番・西林寺 第49番・浄土寺 第50番・繁多寺 第51番・石手寺
第52番・太山寺 第53番・円明寺 第54番・延命寺 第55番・南光坊
第56番・泰山寺 第57番・栄福寺 第58番・仙遊寺 第59番・国分寺
第60番・横峰寺 第61番・香園寺 第62番・宝寿寺 第63番・吉祥寺
第64番・前神寺 第65番・三角寺    

>>四国の霊場・八十八カ所

 
サブコンテンツ

Sponsored Link

このページの先頭へ


track feed 四国遍路へのいざない