第45番 岩屋寺(いわやじ)

第45番・岩屋寺の概要

岩屋寺へ続く石段

その昔、この山中に法華仙人という神通力を持った女が住んでいました。
弘仁6年(815年)、弘法大師がこの地を訪れると女は大師に深く帰依し、一山を献じて大往生を遂げたといいます。



そこで大師は木造の不動明王と、石像の不動明王を刻み、木造は本尊として本堂に安置しました。
石像は山の岩石の中に封じ込め、山そのものを不動明王として祀りました。

弘法大師が、かつて修行の霊地を求めて投げていた明王鈴の音をたよりに巡錫し、この地で「山高き谷の朝霧海に似て、松吹く風を波にたとえむ」と詠んだことから山号を海岸山岩屋寺と名付けました。

岩屋寺は、麓の駐車場から険しい石段(266段だそうです)を延々と上っていきます。
20分くらいかかるでしょうか。
わたしは、フーー、フーーいいながら登りました。
麓のおみやげ屋さんで杖を借りて(無料)いくとよいでしょう。
「まだまだこれからじゃ。岩屋の坂と人生は」と書かれた看板を見かけました。

岩屋寺の巨大な岩石

上りきると巨大な岩壁を背にして、本堂と大師堂が建っています。
標高560mにある岩屋寺の本堂は、垂直に立った岩壁の前に立っていて、まるで岩の中から飛び出しているように見えます。

大師堂の奧には大師の行場跡といわれる「逼割禅定(せりわりぜんじょう)」があります。
600mほど上り、さらに岩山の岩盤を上り、鉄の鎖にすがって10mほど行き、さらにハシゴを21段上ってたどり着くそうです。

わたしは、体力不足(?)のため行きませんでした。
体力に自信のある方は、ぜひどうぞ。眺めは最高のようですよ。
普段は、鍵が掛かって行くことはできません。納経所で200円のお札と鍵をもらっていくことになります。約1時間かかるそうです。

岩屋寺・石像

参道(石段)の途中に「道開き不動尊」があります。

新しくものごとを始める時
難局に当たって行き詰まった時
祈念するとおかげをいただけます

と、書いてありました。
心当たりの方はお参りするといいと思います。

第45番 海岸山 岩屋寺(かいがんざん・いわやじ)

愛媛県上浮穴郡美川村(現、久万高原町)七鳥1468
JR予讃線松山駅から約52km
松山自動車道・松山ICから国道33号を久万高原町方面へ。さらに県道12号へ。約1時間20分。
御詠歌 大聖の祈る力のげに岩屋 石の中にも極楽ぞある
本尊/不動明王 宗派/真言宗豊山派 開基/弘法大師 宿坊/(休業)
次の第46番札所・浄瑠璃寺まで砥部町まわりで約30km

伊予の国・愛媛の霊場
第40番・観自在寺 第41番・龍光寺 第42番・佛木寺 第43番・明石寺
第44番・大宝寺 第45番・岩屋寺 第46番・浄瑠璃寺 第47番・八坂寺
第48番・西林寺 第49番・浄土寺 第50番・繁多寺 第51番・石手寺
第52番・太山寺 第53番・円明寺 第54番・延命寺 第55番・南光坊
第56番・泰山寺 第57番・栄福寺 第58番・仙遊寺 第59番・国分寺
第60番・横峰寺 第61番・香園寺 第62番・宝寿寺 第63番・吉祥寺
第64番・前神寺 第65番・三角寺    

>>四国の霊場・八十八カ所

 
サブコンテンツ

Sponsored Link

このページの先頭へ


track feed 四国遍路へのいざない