第47番 八坂寺(やさかじ)

第47番・八坂寺の概要

八坂寺・水屋

八坂寺は修験道の開祖・役行者小角(えんのぎょうじゃおづの)が開いたと伝わっています。
後の大宝元年(701年)、文武天皇(在位697~707年)の勅願寺として、伊予国司越智玉興が七堂伽藍を建立しました。


このとき、八ヶ所の坂を切り開き道路を作ったことから、八坂寺という名がつけられたといいます。

それから100年余りのちに、弘法大師がこの地を訪れ、ここを四国霊場と定めました。

八坂寺は、修験道の根本道場として知られるようになりました。
また、紀州の熊野権現や十二社権現を祀り熊野山八王子と称して僧兵を擁したり、末寺48ヶ寺を数えるほどに栄えました。
しかしその後の戦国時代には、度々兵火や火災に遭い、寺の規模は縮小していきました。

八坂寺・本堂

本尊の阿弥陀如来は重要文化財に指定されていますが、50年に一度のご開帳ですのでなかなか見ることができません。
本堂の地下には万躰阿弥陀像があります。

八坂寺の境内にお墓参りの心得という案内がありました。
参考にしてください。

一、まず本堂のご本尊さまにお参りしましょう
二、正月・春彼岸・盆・秋彼岸にお参りしましょう
三、祥月命日にはお参りしましょう
四、誕生日にもお参りしましょう
五、祝いごとがあればお参りしましょう
六、夢をみたらお参りしましょう
七、迷いがおきればお参りしましょう
八、歎きがあればお参りしましょう
九、感謝と報恩のためにお参りしましょう
十、近くに来たらお参りしましょう

八坂寺・境内

八坂寺の近くには文殊院徳盛寺があります。
ここは、遍路の元祖、衛門三郎の菩提寺であり、衛門三郎の屋敷があった場所といわれています。
その近くに、彼の8人の子の墓といわれる八塚群集古墳があります。

第47番 熊野山 八坂寺(くまのざん・やさかじ)

愛媛県松山市浄瑠璃町八坂773
JR予讃線松山駅から約16km
松山自動車道・松山ICから国道33号を砥部町方面へ。さらに県道23号を重信町方面へ。約20分。
御詠歌 花を見て歌詠む人は八坂寺 三仏じょうの縁とこそ聞け
本尊/阿弥陀如来 宗派/真言宗醍醐派 開基/役行者小角 宿坊/なし
次の第48番札所・西林寺まで約3.7km

伊予の国・愛媛の霊場
第40番・観自在寺 第41番・龍光寺 第42番・佛木寺 第43番・明石寺
第44番・大宝寺 第45番・岩屋寺 第46番・浄瑠璃寺 第47番・八坂寺
第48番・西林寺 第49番・浄土寺 第50番・繁多寺 第51番・石手寺
第52番・太山寺 第53番・円明寺 第54番・延命寺 第55番・南光坊
第56番・泰山寺 第57番・栄福寺 第58番・仙遊寺 第59番・国分寺
第60番・横峰寺 第61番・香園寺 第62番・宝寿寺 第63番・吉祥寺
第64番・前神寺 第65番・三角寺    

>>四国の霊場・八十八カ所

 
サブコンテンツ

Sponsored Link

このページの先頭へ


track feed 四国遍路へのいざない