第60番 横峰寺(よこみねじ)

第60番・横峰寺の概要

横峰寺に続く歩道

横峰寺は、西日本最高峰の石鎚山(1982m)の中腹(標高700m)にあり、険しい遍路道を行く四国霊場最大の難所といわれています。
今は車で狭い狭い道をくねくね曲がりながら、お寺の500m手前まで上って行くことができます。
道路管理費として、1800円かかります。

領収書を見ると平野施設利用許可証となっており、新居森林組合が管理しているようです。
片道6km、往復12kmの道路施設、駐車場、水洗トイレ、お寺への歩道などの維持管理費に充当しています。
と、書いてあります。

横峰寺は四国八十八ヶ所で3番目の「関所寺」です。
関所とは、悪いことをした人や邪心を持った人は、お大師さんのおとがめを受けてこれより先へは進めなくなるといわれています。

心当たりがある人は気をつけてくださいね。

横峰寺・本堂

横峰寺は、白雉2年(651年)、修験僧の開祖、役行者小角(えんのぎょうじゃおづの)が石鎚山で修行中、蔵王権現を感得し、尊像を刻み、安置したのが寺の始まりといいます。

天平年間(729~749年)には、行基が入山して、大日如来を刻み、その胸に役行者小角の像を納めて安置しました。

後の大同年間(806~810年)に、弘法大師が寺から500mほど上方の星ヶ森で、42歳の厄除けの星供の秘法を納めた後、石鎚山山頂に上って21日間の修行をしました。
結願の日、再び蔵王権現が現れたので、大師は大日如来を刻み本尊とし、伽藍を建て四国霊場に定めました。

その後、寺は石鎚神社の別当寺とされたが、慶応4年(1868年)の神仏分離令で石鎚山西遙拝所横峰社となりましたが、明治42年(1909年)に再び横峰寺になりました。

参道には、紫陽花がたくさんきれいに咲いていました。
杉の樹に覆われていて、山の中の霊場という神秘的な雰囲気満点のそしてきれいなお寺でした。

横峰寺の駐車場からの眺め

世の中は思い通りには
  なりませぬ
自分を低くすると
  水はこちらに流れてくるよ
          (妻白大明神)

第60番 石鉄山 横峰寺(いしづちざん・よこみねじ)

愛媛県周桑郡(現、西条市)小松町石鎚2253
JR予讃線伊予氷見駅から約12km
今治小松自動車道・いよ小松ICから国道11号を西条市方面へ。さらに県道142号へ。約30分。
御詠歌 たて横に峰や山辺に寺建てて あまねく人を救うものかな
本尊/大日如来 宗派/真言宗御室派 開基/役行者小角 宿坊/なし
次の第61番札所・香園寺まで約18km

伊予の国・愛媛の霊場
第40番・観自在寺 第41番・龍光寺 第42番・佛木寺 第43番・明石寺
第44番・大宝寺 第45番・岩屋寺 第46番・浄瑠璃寺 第47番・八坂寺
第48番・西林寺 第49番・浄土寺 第50番・繁多寺 第51番・石手寺
第52番・太山寺 第53番・円明寺 第54番・延命寺 第55番・南光坊
第56番・泰山寺 第57番・栄福寺 第58番・仙遊寺 第59番・国分寺
第60番・横峰寺 第61番・香園寺 第62番・宝寿寺 第63番・吉祥寺
第64番・前神寺 第65番・三角寺    

>>四国の霊場・八十八カ所

 
サブコンテンツ

Sponsored Link

このページの先頭へ


track feed 四国遍路へのいざない