鳴門の渦潮(鳴門海峡)、観潮船

ちょっと寄り道・徳島県

大鳴門橋

鳴門海峡は、四国(徳島県鳴門市・大毛島)と淡路島の間にある幅1.3kmの狭い海峡で、播磨灘と紀伊水道を分けています。





鳴門の渦潮(鳴門海峡)

鳴門海峡では、満潮時、太平洋から流れ込む潮流は、あまりにも狭いこの海峡を通過することができず、淡路島の南に位置する紀伊水道で二つに分かれます。
一方は、鳴門海峡の南側に直接流れ込み、もう一方は、大阪湾・明石海峡を経て淡路島を一周する形で鳴門海峡の北側に到達します。

鳴門海峡

約6時間かけて、鳴門海峡の北側に潮流が到達した頃、南側は干潮を迎えるため、海面に1~2mの落差が生じ、激しい潮流となって大小無数の渦が発生します。
これが「鳴門の渦潮(うずしお)」です。

通常でも時速13~15kmですが、春と秋の大潮には最大20km以上、渦の直径が20m以上になることもあるそうです。
その約6時間後には潮位が逆転し、再び海面に落差ができます。

この干満の差が、日に4回繰り返され巨大な渦を巻くのです。
この鳴門の渦潮は、鳴門公園からや、大鳴門橋に併設されている「渦の道」から見ることができます。
また、観潮船に乗って巨大な渦を間近で見ることもできます。迫力満点です。
ぜひ、観潮船に乗ることをおすすめします。

潮の干満に合わせて予定を組むのがよいでしょう。
大潮の時で干潮か満潮の時間帯がより大きな渦を見ることができます。
参考:潮見表
その豪壮な鳴門の渦潮は、イタリアのメッシーナ海峡、カナダのセーモア海峡とともに世界3大潮流のひとつに数えられています。

鳴門の渦潮

観潮船

観潮船に乗ると世界最大級ともいわれる鳴門海峡の渦潮を間近で眺めることができます。
迫力満点です。

定員400名の大型観潮船でゆったりとした空間からダイナミックな眺めが楽しめる「わんだーなると」や、飛沫がかかるほど接近する小型観潮船「うずしお汽船」などがあります。
なかでも人気を博しているのが「アクアエディ」で、大鳴門橋下の渦潮の近くに接近すると船体が水面下1mに沈む水中観潮船で海中で竜巻状に渦巻く大迫力の水中を間近に観察することができます。

出港場所はいずれも鳴門市鳴門公園内の港からです。
各会社の案内板が出ていますので、それを目当てに行くことができます。

鳴門公園・観潮船の港

鳴門公園

第1番・霊山寺までは、高松自動車道・鳴門北IC-板野IC経由で約26km、約30分。
神戸淡路鳴門自動車道・鳴門北ICより約3.2km、約6分。
徳島市街から国道11号、国道28号で約12km。

鳴門の渦潮(鳴門公園)は、第1番・霊山寺からは、ちょっと寄り道という場所ではありませんが、お遍路を始める前(霊山寺に行く前)や、結願(すべての巡拝が終わった後)、あるいは、区切り打ちの時など、時間を見つけてでも行くことをおすすめします。
巨大な洗濯機の渦を見ているようです。

ちょっと寄り道・徳島県
サブコンテンツ

Sponsored Link

このページの先頭へ


track feed 四国遍路へのいざない