四国遍路用品の紹介・案内サイト | 四国遍路へのいざない

四国遍路は一千年以上も前から、癒しを求めたり、救いを求めたり、願い事を携えて、仏の供養、精神鍛錬、楽しみのひとつとしてなどなど、それぞれの思いをこめて、徳島(鳴門)の第1番札所・霊山寺(りょうぜんじ)から香川の第88番札所・大窪寺(おおくぼじ)まで、四国4県を時計回り(徳島→高知→愛媛→香川)にぐるりと一周します。
その距離は約1,400kmもあります。
基本は、徒歩で巡る「歩き遍路」が一般的で、お遍路道をお遍路の姿をした人々が歩いているのをよく見かけます。
最近では、マイカーで回ったり、団体バス、タクシーを利用する人もたくさんいます。
それぞれの目的、スタイルで気軽に巡礼しています。

四国の名所

また、1番から88番まで通して1回で回ったり、区切り打ちといって何回かに分けて廻る人もいます。
いずれにしても、四国遍路は、四国の海や山の美しい自然を感じたり、人との交流でやさしさ、温かさを感じることでしょう。
そして、弘法大師をより身近に感じるようになります。
自分のペースで回られるとよいと思います。
四国遍路をするのに、服装や所持品に決まりはありません。基本的に自由です。
しかし、白衣だけでも着ると四国遍路をしているという意識になります。
遍路用品は、必要に応じて揃えるとよいと思います。


>>遍路用品はこちらから

遍路用品・遍路参考資料

 
お遍路さん安心セット

四国八十八ヶ所霊場巡拝のために必要なセットです。
四国八十八ヶ所霊場参りの基本は、やはり白衣・輪袈裟を身につけ、菅笠を被り、巡拝します。
初めて四国八十八ヶ所霊場を巡拝される方は、このセットでひととおり揃っています。
内容
金剛杖、金剛杖カバー(赤)、納札(白色)2冊、白衣・袖有り(背文字入)、勤行本(経本)、輪袈裟、ズタ袋、札挟(ふだばさみ)<箱型>、納経帳<卍柄金襴>、四国八十八ヶ所用数珠、線香・ローソクのセット<平型>

ご購入・詳細はこちらから

  白衣

白装束に身を固めるということは、個人を包み込み老若男女を消してひとりの遍路になるということです。
背中に「南無大師遍路金剛」の文字がはいったものと、無地のものがあります。
白衣にご朱印を押していただく場合は、道中着とは別にもう一枚用意をします。
また、袖無しのベスト型のものもあります。
汚れたら洗濯をして、いつも清潔にしておきましょう。

ご購入・詳細はこちらから

  金剛杖

金剛杖は遍路を導く弘法大師の化身をいわれているほど大切な道具です。
くるまで回る方も持っていた方がよいでしょう。
軽く後ろに突くだけで前進力が加わるので疲れにくくなります。
山の中腹にあるお寺をお参りするとき(登りの参道)などは重宝します。
「お大師さま」と思って大切に扱い、宿の着いたら金剛杖を洗い清め、床の間に置きます。
杖の上部には、五輪塔を模し刻みが入れてあり、地・水・火・風・空を表す梵字が記されています。
弘法大師が巡錫中、宿を断られよく橋の下で眠ったそうです。休まれているお大師さまを起こさないようにと、橋の上では杖はつかないことになっています。

ご購入・詳細はこちらから

  菅笠

日除け、雨具に最適な道具です。歩いて回る方には必需品です。
修行中は笠をかぶったままで巡拝し、お堂の中や僧の前でも笠をとらなくてもよいことになっています。
靴を脱いではいるようなところでは笠を取るようにします。
遍路の菅笠には、「迷故三界城 悟故十方空 本来無東西 何処有南北」(迷うがゆえに三界の城あり、悟るがゆえに十方は空なり、本来東西なし、いずくにか南北あらん)と、笠の天辺から四方へ修行者の心構えを記しています。
さらに、弘法大師といつも一緒という意味の「同行二人」の文字を記しています。

ご購入・詳細はこちらから

  山谷袋(頭陀袋)

頭陀とは、煩悩や欲望を払い、仏道を求める修行のことをいいます。
修行僧が首からかけるのが頭陀袋です。
遍路用は白地に「同行二人」と書いてあります。
経本や納経帳、納札、線香、ロウソクなど持ち物を入れて肩から斜めにかけて持ち歩きます。
布製やペットボトル入れポケットのついたものなどいろいろあるようですが、防水タイプがおすすめです。

ご購入・詳細はこちらから

  四国八十八ヶ所霊場 最新版へんろ地図

お遍路用の地図です。
お寺からお寺までの道順が詳しく載っています。
お遍路さんなら必帯でしょう。

ご購入・詳細はこちらから

遍路用品についてはこちらに揃っています>> 遍路用品について
こういう便利なものもあります>>四国八十八ヶ所スターターセット



ホテル、旅館予約は、こちらで

遍路関連書籍


四国遍路関連書籍検索




DVD


四国遍路関連DVD検索




▲このページのトップへ


【四国のホテル・旅館案内】


track feed 四国遍路へのいざない