四国の霊場八十八ヵ所

伊予の国・愛媛県の霊場

第59番 国分寺(こくぶんじ)

第59番国分寺入り口

聖武天皇(在位724~749年)の勅願により、諸国に建立されたのが国分寺です。
伊予の国分寺は天平13年(741年)、行基が薬師如来を刻んで開基しました。

当時は七堂伽藍を整えた豪壮な大寺院であり、高さ60mに近い七重塔であったといいます。

後に弘法大師がこの寺に長く留まり、五大尊の絵像一幅を残しました。
また、弟子の真如も2年間滞在しました。

この当時は、現在の場所から東に100mほど離れた位置にあり、創建当時のものと思われる巴瓦や唐草瓦が出土し、円形の柱座を持つ巨大な礎石もあります。

国分寺本堂

この巨大なお寺も、後のいくつかの戦乱で焼失と再建をくり返しながら規模は小さくなっていき、小堂のみが残っていたといいます。

現在の本堂は寛政元年(1789年)に十三代目住職が建立したものです。

境内に握手修行大師像があります。
修行大師様と握手してお願いしてください。
願い事は一つにしてください。
あれもこれもはいけません。
お大師様も忙しいですから!
と、書いてあります。

くれぐれも願い事はひとつにしてくださいね。

握手修行大師像
握手修行大師像

第59番 金光山 国分寺(きんこうざん こくぶんじ)

愛媛県今治市国分4-1-33
JR予讃線今治駅から約6km
西瀬戸自動車道(しまなみ海道)・今治ICから国道196号を西条市(旧東予市)方面へ。約15分。
御詠歌 守護のため建ててあがむる国分寺 いよいよ恵む薬師なりけり
本尊/薬師如来 宗派/真言律宗 開基/行基 宿坊/なし
次の第60番札所・横峰寺まで約35km、車で約1時間10分